2年生の大野遥菜さんが、インドネシア文化・芸術プログラムの日本代表に選出

専門演習(2年生ゼミ)に所属する大野遥菜さんが、2019年度インドネシア外務省が世界各国の若者にインドネシアへの理解を深めてもらうことを目的とした文化芸術プログラムに応募し、日本代表に選ばれました。同プログラムはインドネシア政府から奨学金を得て、インドネシアの歴史や社会、芸術について学ぶものです。2019年度は世界42か国から70名以上の若者が集います。 大野さんのコメント: 多国籍な方々とインドネシアの文化学習を通して、お互いの国の習慣や文化について学びたいです。自らチャンスを掴んで価値のある4ヶ月にしたいです。

加藤教授がジャカルタで講演を行いました

2018年12月26日にジャカルタの私立ナショナル大学において、加藤教授が「Islam di Mata Orang Jepang: Makna Agama di Masyarakat」(日本人が見たイスラーム:宗教の意味」のタイトルで講演を行いました。この講演会は、同大学の日本研究所が行っている連続講演会「日本発見:Discover Japan」の一環として催されました。講演会後には、参加者から、インドネシアのイスラームと政治の関係など多くの質問がありました。

​©2020 加藤久典研究室. All rights reserved.