3年生守矢優衣さんが「インドネシア文化・芸術奨学金プログラム」日本代表に選出

加藤ゼミナール所属の3年生、守矢優衣さんが「インドネシア文化・芸術奨学金プログラム」の日本代表に選出されました。 「インドネシア文化・芸術奨学金プログラム」は、インドネシア共和国外務省が主催する研修プログラムです。世界各国からインドネシア芸術に興味を持つ若者が集まり、インドネシアの民族文化、歴史、芸術、舞踊などを集中的に学びます。 第14回目の開催となる2018年度は、世界46カ国から計72名の若者が各国代表として参加を予定しています。日本代表(2名)の1人として派遣される守矢さんは、1年次よりインドネシア語を学び、所属する加藤ゼミの活動を通してインドネシアをはじめとする東南アジアの国々で、イスラームに対する研究を行ってきました。昨年は「ムスリム女性にとってのヴェールの意味 ~インドネシアのイスラーム社会を通して~」を題材とした研究で、総合政策学部の「プロジェクト奨学金」対象学生に選ばれています。 ●本人のコメント 様々な国を代表してプログラムに参加する皆さんと、積極的にコミュニケーションを図りたいと考えています。世界各国の文化背景や価値観を学びたいです。

4年生の小貫寛哲が「学員会会長賞」を受賞しました

加藤久典ゼミナール所属の4年生、小貫寛哲が「中央大学学生奨励賞」の内「学員会会長賞」を受賞しました。 これは、インドネシア語エッセイコンテストに出場し最優秀賞を獲得した功績を評価されてのことでした。 参照ページ:ゼミ生4年小貫寛哲がインドネシア語エッセーコンテストで最優秀賞を受賞 ●小貫寛哲のコメント 今回、私はエッセイコンテストにおける成績が評価され、会長賞という身に余る賞をいただきました。これは、加藤先生やユスフ先生、ウチュ先生、友人の多大なご助力のおかげです。この場を借りて感謝申し上げます。 私は、後輩のみなさんと研究や就活の話をよくしますが、みなさんは各人の理想とする社会を力強く追いかけているように思えます。時に現状を嘆きながらも、明るく前を向くみなさんは、とてもかっこよく尊敬しています。 実は、賞をいただいたエッセイは、「異文化間で学び合える社会」という私の理想が盛り込まれています。これは見方によっては青臭く、きれいごとなのかもしれません。しかし、同じように四苦八苦しながらも、前を向いている後輩・同輩の姿は、私に理想を掲げて前進する勇気を与えてくれます。 皆さんにとっても、私はそのような存在でありたいです。私たちの思いを理想論だと笑う者はいるかもしれませんが、今回の受賞のように、私たちの青臭い理想を高く評価していただける方も居ます。一緒に、前をむいて少しずつでも進みましょう。 小貫寛哲

​©2020 加藤久典研究室. All rights reserved.