加藤ゼミの学生が総合政策学部新入生にインドネシア語を披露しました

4月5日に行われた総合政策学部の新入生に向けた英語以外の外国語のオリエンテーションで、加藤ゼミの学生がインドネシア語を交えてインドネシアの文化や言葉について発表しました。


ゼミ長 高橋君コメント:

僕自身がインドネシア語を2年間学習して、感じたことをありのまま話しました。

インドネシア語を勉強することには多くの価値があると信じています。一緒に上達を目指して頑張りましょう!


副ゼミ長 中村さんコメント:

新入生にインドネシアの文化を知ってもらうため、バッティク(インドネシアの伝統的衣装)を着ました。大勢の新入生の前で話すのは緊張しましたが、インドネシア語の魅力やインドネシア語の和やかな授業雰囲気を伝えられたのではないかと思います!

これを機にインドネシア語について知ってもらったり、また履修を決めた子がいたら幸いです。一緒にインドネシア語頑張ってきましょう!Ayo kita belajar bahasa Indonesia bersama!!!