●中村さん(3年生)と赤松君(2年生)がインドネシア語スピーチ・朗読コンテストで入賞しました

インドネシア共和国大阪総領事館が行ったインドネシア語スピーチ・朗読コンテストで、3年生の中村咲里佳さんが2位(スピーチ部門)、2年生の赤松義人君が3位(朗読部門)に入賞しました。


中村さんコメント:

本インドネシア語スピーチコンテストのテーマは、「私とインドネシア」でした。私は、高校生の時にインドネシアのホームステイした際の、日本とは異なるトイレ形式によって困った経験についてスピーチを行いました。文化が異なることで自身が困った経験から、異文化を理解し、共存していくことにとって重要なことについてスピーチをしました。


スピーチの内容を考える上で、自身が考えていることを相手にわかりやすく、そしてニュアンスが伝わるようにインドネシア語を用いてどのようにして伝えるのかという点がとても難しかったです。しかし、インドネシア語の先生やインドネシア人の友人に繰り返し見て頂くことで、納得のいくスピーチを行うことができました。


今回はこのような素敵な賞を受賞することができ、大変嬉しく思います。主催して頂いた方々、またいつもご指導して下さる加藤先生、そしてインドネシア語の先生方、友人に感謝申し上げます。



赤松くんコメント:

朗読コンテストで賞をいただくことができ、これまでの日々の勉強が一つの形となり良かったです。これからも勉強に励んで日々精進していきたいと思っています。